ポラリスでたるみを取るメリットデメリット

ポラリスによって肌のたるみを改善するためには、何度かにわたって施術を受けることになります。

たるみのない引き締まった肌になるには、5、6回のポラリスを受けることになります。

ポラリスによる一回の治療効果は弱めになっているので、数回に分けなくてならない場合はほとんどです。

時間の余裕が無くて定期的な通院が難しい方や、希望のクリニックが遠方にある方は、治療を受けるのが困難になるかも知れません。

ポラリス自体は評価の高い施術なのに、クリニックまでの距離や、時間の制約で施術が難しいのは、惜しい話でもあります。

ポラリスは、一度きりでは効果をしっかり得られないという弱みがありますが、それは裏返せば、肌への刺激がマイルドであるということです。

お肌のトラブルがちょっとしたことで起きるという人でも、ポラリスのように肌に優しい美容施術であれば、利用することができます。

施術から、数日たたなければポラリスの効果を体感することは難しく、施術直後に肌のたるみを解消したことを確認することは困難です。

劇的な変化がない分、しわが解消されたという実感がわかりにくいという面もたしかにあります。

急に肌が変化しない分だけ、誰にも気づかれずにたるみを取ることができるという考え方にも一理あります。

多くの施術では、気をつけたい部分と、メリットになる部分とがあるものです。

あらかじめ、ポラリスをうける時に気をつけたいことや、肌のタイプはポラリスと相性がいいかなどを、見極めておきましょう。









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする