肌のたるみを予防するためには食生活の改善を

肌のたるみは老いを感じさせる大きな要因になるので、出来るだけ対処していきたいものです。

しわやたるみを、メイクでわからないようにしようと試みても、化粧が乱れやすくなるだけで、余計大変です。

肌のたるみがひどくなってしまうと、元の状態に戻るのは大変になるなので、若く健康な肌でいるうちに予防をすることが重要です。

メイクをして肌のたるみをなくすのではなくて、肌の健康状態をよいものにしておくことで、お肌の状態を守っておけます。

スキンケアでは、美容成分が配合された基礎化粧品を皮膚につけることで、お肌をいたわってあげましょう。

ただし、美容成分を含むスキンケア化粧品でケアをしたとしても、肌への栄養補給の効果はありますが、もともとの原因対策にはなりません。

肌のたるみを引き起こす原因のひとつは、体内のタンパク質が糖と結びつく、糖化と呼ばれる現象です。

糖化が起きると、たんぱく質は老化して代謝をあまり行わなくなりますので、たるみにつながります。

肌の糖化が起こるのは砂糖が含まれた食べ物を食べ過ぎたときです。

毎日の食事の際には、皮膚が糖化することも視野に入れた上で、その日どんなものを食べるかを考えるといいでしょう。

血糖値の上がりやすさは、GI値という数字で確認できます。

GIが少ない食べ物としては、雑穀パンや、未精製のお米などがあります。

まず野菜を食べてから、炭水化物を摂取することで、血糖値の上昇を抑えることができますので、肌をたるませにくい食事をすることができます。









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする