メディカルエステでの美白治療と効果について

しみやくすみのない、白くなめらかな肌でいたいという人には、美容クリニックで受けられるメディカルエステがおすすめです。

ビタミン誘導体やプラセンタには美白作用があり、メディカルエステで行われる美白ケアで利用されています。

美白にいい成分をイオンの性質を利用して導入すると、高い浸透率で皮膚の奥にまで送り届けることができるようになります。

医療の知識を持つ医師の指導を受けながら、イオン導入が行われることが、メディカルエステの美白ケアの特徴です。

美白に効果的な美容施術として、メディカルエステで受けられるものにピーリングがあります。

古くてかたくなった角質層を除去する効果があるピーリングは、新しい皮膚を表面へと露出されることが可能になります。

美白効果や、くすみの除去効果が期待できますので、皮膚が一段階明るくなるでしょう。

ハイドロキノンやトレチノインは漂白作用に優れており、メディカルエステでは外用薬として処方されています。

これらの成分はメラニン色素を作る機能を抑制することができるので、お肌を白くしたい人におすすめです。

近年では、お肌にメスを入れず美白施術が可能な、レーザーを用いた美容ケアもできるようになっているため、多くの人が利用しています。

皮膚の白い部分には反応せず、メラニン色素だけに反応する光を用いることで、黒かった部分はかさぶたができて体から落ち、残った部分の皮膚は細胞の働きが活発になります。

最近は、再生医療の技術を用いて、皮膚の中で美容成分を少しずつ供給できるようなメディカルエステも登場しています。

今後とも期待度の高い美容施術といえるでしょう。









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする